伝説を持つ時計

時計に関する雑学

時計買取と時計の本場スイスにあるラ・ショード・フォン国際時計博物館

スマートフォンで簡単に時間を知ることができるようになった最近でも、有名ブランド製の腕時計を始めとする時計の人気は根強いものがあります。時計はただ時間を知るための道具という意味を超えて、自分を表現するファッションアイテムとしての存在を確立しているからです。時計の根強い人気は、時計買取の業者が近年とても多いことからも伺うことができます。時計買取の業者は前の持ち主が必要なくなった、また事情があって手放すことになった時計を買い取って、それを中古品として欲しいと思う人に販売しているのです。

時計買取は欲しい時計を安価で手に入れられることが多いことから買う人にとって助かるだけでなく、売る人の方にもメリットがあります。せっかく手に入れた時計をできるだけ高く買ってもらいたいと願うのは当たり前の気持ちですが、様々なジャンルの品物を買い取っている一般的なリサイクルショップに売るよりも、専門の知識を持った鑑定士のいる時計買取の業者の方が、適正でより高額の金額を付けてもらえる可能性が高いからです。さらに多くの時計買取業者は店頭での買取、持ち主の自宅まで鑑定士が訪問しての買取、宅配便などで送っての買取といった、売る人が選べる買取方法をいくつか用意しているというのも、とても便利だとして人気があります。

様々な時計の中でも時計買取で高額で買い取ってもらいやすいのは、やはり需要の高い海外の有名ブランドの製品です。特に時計の本場と言われるスイスには、時計収集家に愛されてきた人気の高いブランドがいくつも存在しています。そんなスイスにはラ・ショード・フォン国際時計博物館という、世界でも最大級の規模を誇る時計の博物館があります。

ラ・ショード・フォンはスイスとフランスの国境の近くのジュラ山脈に位置する町で、古くから時計産業の中心地として発展してきました。その歴史を感じさせる町並みはとても美しく、近隣にあるこの町と同様に時計産業が盛んなル・ロックルと合わせて世界遺産に登録されています。ラ・ショード・フォン国際時計博物館はこの町を代表する名所の一つで、100年以上も前に時計学校の中に作られた資料館を元にして、1974年に博物館という形で開館しました。この博物館には腕時計を中心に、古いものから新しいものまで約4000点ものコレクションが収蔵されており、さらに時計の構造や作業風景が分かるような展示物も多いため、時計に関心がある人にとっては大変興味深い施設となっています。

Copyright(C)2014 伝説を持つ時計 All Rights Reserved.