伝説を持つ時計

時計に関する雑学

時計買取と通称アカデミーといわれる独立創作時計師協会

時計買取ではさまざまな時計、ブランド物から身近な物まで扱っています。ブランド物には一種の憧れや最高のステイタスを持たれる方がいます。その時計一つの額の桁違いに驚かれてしまいます。しかし、時計の世界には世界に一つしかないオリジナルの工芸品として生み出している世界的な天才職人たちがいます。通称アカデミーといわれるその独立創作時計師協会が1989年から創設されています。人間国宝ともいえる世界的な集団は人数が限られており、現在では錚々たるメンバーによる数十人のみとなっています。しかもそのメンバーに日本人が存在しています。

近年では「菊野昌宏」という方がそのアカデミーに選ばれています。理想を江戸時代の伝説的な職人とするその作品「ORIZURU」は和でありつつ表現された独特な時計で構造は日本時間とニューヨーク時間が同時に見ることができます。そのための時間を刻む仕掛けが文字通り折り鶴のようになっています。文字盤もすべてが独創的になっています。アカデミーのこだわりであるブランドや大量生産には属しないという姿勢を追求しています。それらの作品の時計買取は見本市として発表され一つ一つに値がつけられ、職人個人に注文が集まります。そのように個人に開発メーカーからの試作の注文がきます。

アカデミーの会員はかつてのルネッサンス期の芸術家のような存在であり工房で修業し巨匠に師事し、数々の時計の機構の元となる構造の開発に携わっています。そのイメージソースには日本の工芸文化が参考にされている例があります。これらは懐中時計の頃から受け継がれています。中古の時計買取ではそれらの時期より腕時計の開発をしたブランドが高級時計といえばというステイタスとしての地位を現在に至るまで不動の地位を確立したブランド時計が数々あります。

これらの時計が時計買取の世界できれいに保存されている物がよく目にすることができます。いずれの時計は汚れや海水や磁気類に弱く扱いはデリケートになっています。ブランド時計の時計買取の際にはその流行性により、偽物が多く出回っていた事実に注意が必要です。その中で個人に特注したものがその人たちにとってのアカデミーの職人による究極の一品物のような価値を持つ時計として魅かれたりします。時計買取で扱う時計において、各時計メーカーの種類から懐中時計のようなアンティーク時計のような目にすることができます。そこでは時計の博覧会の気分に感じます。この独立創作時計師協会のスイスの見本市「バーゼルフェア」ではより感動が味わえるのが時計に興味を持つものの憧れの最高峰になっています。

Copyright(C)2014 伝説を持つ時計 All Rights Reserved.